So-net無料ブログ作成
検索選択

STAP細胞論文 笹井副センター長自殺に関する記者会見 小保方氏は非常にショックを受けている

《STAP細胞論文問題》笹井副センター長自殺に関する記者会見 冒頭説明


1/4 《STAP細胞論文問題》笹井副センター長自殺に関する記者会見 質疑応答


続き>>https://www.youtube.com/watch?v=IP90soygaDM&list=PLIxV01vNjD8Iw3k2Pcw-HQ_v6PNVvEh7O&index=3


ダウンロード (3).jpg



「検証実験には影響しない」 理研が見解

 STAP細胞論文の共著者だった理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹・副センター長の自殺に関し、理研は5日「STAP細胞の検証実験には影響しない」との見解を示した。

 英科学誌ネイチャーが7月、STAP細胞論文を撤回し、業績は科学的には白紙に戻った。一方で理研は4月からSTAP細胞が存在するかどうかを調べる検証実験を進めており、途中経過を近く中間発表する予定。小保方晴子・研究ユニットリーダーも実験を進める。

 STAP論文では、実験は主に小保方氏らが担い、笹井氏は最終段階で研究に加わり論文執筆を指導したとされる。主論文を補完する論文の責任著者の1人だったが、理研によると検証実験には笹井氏は参加していないといい、影響はないとしている。

http://sankei.jp.msn.com/science/news/140805/scn14080514590014-n1.htm




STAP細胞論文騒動、理研の笹井氏が首つり自殺の件 菅長官会見





「小保方氏は非常にショックを受けている」 ケア職員2人を配置

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センター長(52)が自殺したことを受けた、5日午後の理研の会見で、加賀屋悟広報室長は、小保方晴子氏(30)が非常にショックを受けていることを明らかにした。

 小保方氏はSTAP細胞論文を笹井氏の指導で執筆した。STAP細胞の検証実験に参加し、CDBに出勤しているが、笹井氏との接点はほとんどなかったとみられるという。

 笹井氏の自殺の報に触れて、小保方氏はショックを受けている状態で、検証実験でも接点のある職員2人が、精神的ケアをするために寄り添っているという。

http://sankei.jp.msn.com/science/news/140805/scn14080514440012-n1.htm





nice!(104)  コメント(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 104

コメント 1

LP大好き

はじめまして。
小保方さん、まだ若いので、頑張っていただきたい。
日本は誰かが死なないと何かが治まらない国なんでしょうか。
政界との関係もあったのでしょうか。
海外からの金銭でしょうか。
自殺はしてほしくありませんでした。
by LP大好き (2014-08-07 08:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。