So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

《内閣改造》第三次安倍改造内閣~副大臣・政務官まですべて解説します~    青山繁晴 ユネスコから脱退を検討すべきだ

《内閣改造》第三次安倍改造内閣~副大臣・政務官まですべて解説します~
1/3


2/3


3/3




ユネスコ脱退もありだ

日本は国連教育科学文化機関(ユネスコ)を脱退してはどうか。前例がある。1984年、当時の事務局長が提唱した「新世界情報秩序」がジャーナリストの認可制導入など報道の自由を制限するとして、米国、イギリスが相次いで脱退した。縁故人事など事務局長による私物化も問題視された。

 ▼だが最大の理由は、共産圏や第3世界の発言力が強まり、公平・中立であるべきユネスコが政治化したことだった。教育や文化の振興を通じて戦争の悲劇を繰り返さないという理念は美しいが、実態はドロドロした国際政治の駆け引きの場である。「南京大虐殺文書」の記憶遺産登録がそれを証明している。

 ▼米英の不在で存続の危機にあったユネスコを財政面で支えたのが日本だった。にもかかわらず日本の主張は受け入れられない。勢いづいた中国や韓国は「慰安婦関係資料」の再申請を画策している。脱退は早計としても、事実上一番多い拠出金の停止、削減は当然である。

http://www.sankei.com/west/news/151013/wst1510130037-n1.html




静かに怒る菅官房長官 “中身を確認できていない、ユネスコ出資金停止も検討”


10月14日 インサイトコラム 青山繁晴 ユネスコから脱退を検討すべきだ




nice!(25)  コメント(1) 
共通テーマ:ニュース

【終戦の日】靖国神社中継~神道史家が語る靖国神社の成り立ちからみどころまで~

【終戦の日】靖国神社中継~神道史家が語る靖国神社の成り立ちからみどころまで~








終戦の日歴史 (wikipwdiaより)

1945年7月26日、米英中の3か国(のちにソ連も参加)はポツダム宣言を発し、日本軍の無条件降伏を要求した。日本政府は、日ソ中立条約があるソ連に和平講和の仲介を託していたが、8月6日広島市に原子爆弾が投下され、8月8日ソ連対日宣戦布告、8月9日広島市に続き長崎市にも原子爆弾が投下されるという重大な事態が続いた。8月10日、日本政府は中立国を通じて、国体の変更を伴わないかどうかを連合国側に確認した。しかし、確答が得られぬまま、8月14日の御前会議で、昭和天皇の聖断によりポツダム宣言受諾が決定され、終戦の詔勅が発せられ、連合国に対しポツダム宣言の受諾を通告した。
1945年8月15日正午(グリニッジ標準時午前3時)から、前日に公布された「大東亜戦争終結ノ詔書」(終戦の詔書などともいう)を昭和天皇が朗読したレコードがラジオ放送され(いわゆる玉音放送)、国民及び陸海軍にポツダム宣言の受諾と軍の降伏の決定が伝えられた。当日は朝から「賢き辺り(=天皇)にあっては本日正午から重大発表を行なうので、必ず聴くように」と繰り返しアナウンスされた。神聖不可侵とされた最高権力者である天皇の肉声が初めてラジオで放送されたことと共に、戦争終結を発表されたと、このラジオ放送は国民にとって敗戦の象徴ともいうべきできごとであり、大きな衝撃を与えた。
1945年8月15日、大本営は陸海軍に対して「別に命令するまで各々の現任務を続行すべし」と命令し、8月16日に自衛の為の戦闘行動以外の戦闘行動を停止するように命令した[4]。さらに8月18日には、全面的な戦闘行動の停止は、別に指定する日時以降に行うように命令、8月19日に、第一総軍、第二総軍、航空総軍に対して、8月22日零時以降、全面的に戦闘行動を停止するように命令した。支那派遣軍を除く南方軍等の外地軍に対しては、8月22日に、8月25日零時以降に全面的な戦闘行動停止を命令した[5]。中国大陸や北方戦線では、ソビエト連邦や中華民国との戦闘が暫く続いた。ソ連軍は北方四島に上陸作戦を展開し、それを阻止するための戦闘が、中央の命令により現地陸軍守備隊によって行われた(占守島の戦い等)。また戦闘停止命令の届かなかった部隊などによる連合国軍との小規模な戦闘は続いた。さらに、外地の一般市民が難民と化し多くの犠牲者をだした。また、沖縄の久米島では現地の海軍部隊による住民の虐殺事件も起きている(久米島守備隊住民虐殺事件)。これらの戦闘は8月下旬になると概ね終結した。
1945年9月2日、昭和天皇は「誓約履行の詔書」を発し、日本政府全権の重光葵外務大臣と大本営(陸海軍)全権の梅津美治郎参謀総長が、降伏文書に調印し、即日発効した。1951年9月8日には、平和条約であるサンフランシスコ平和条約が調印された。そして、サンフランシスコ平和条約が発効した1952年4月28日をもって、国際法上、正式に日本と連合国との間の「戦争状態」は終結することとなった
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%82%E6%88%A6%E3%81%AE%E6%97%A5




【終戦の日】台湾のみなさんが靖国神社を参拝【ありがとう台灣】



nice!(93)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース

STAP細胞論文 笹井副センター長自殺に関する記者会見 小保方氏は非常にショックを受けている

《STAP細胞論文問題》笹井副センター長自殺に関する記者会見 冒頭説明


1/4 《STAP細胞論文問題》笹井副センター長自殺に関する記者会見 質疑応答


続き>>https://www.youtube.com/watch?v=IP90soygaDM&list=PLIxV01vNjD8Iw3k2Pcw-HQ_v6PNVvEh7O&index=3


ダウンロード (3).jpg



「検証実験には影響しない」 理研が見解

 STAP細胞論文の共著者だった理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹・副センター長の自殺に関し、理研は5日「STAP細胞の検証実験には影響しない」との見解を示した。

 英科学誌ネイチャーが7月、STAP細胞論文を撤回し、業績は科学的には白紙に戻った。一方で理研は4月からSTAP細胞が存在するかどうかを調べる検証実験を進めており、途中経過を近く中間発表する予定。小保方晴子・研究ユニットリーダーも実験を進める。

 STAP論文では、実験は主に小保方氏らが担い、笹井氏は最終段階で研究に加わり論文執筆を指導したとされる。主論文を補完する論文の責任著者の1人だったが、理研によると検証実験には笹井氏は参加していないといい、影響はないとしている。

http://sankei.jp.msn.com/science/news/140805/scn14080514590014-n1.htm




STAP細胞論文騒動、理研の笹井氏が首つり自殺の件 菅長官会見





「小保方氏は非常にショックを受けている」 ケア職員2人を配置

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センター長(52)が自殺したことを受けた、5日午後の理研の会見で、加賀屋悟広報室長は、小保方晴子氏(30)が非常にショックを受けていることを明らかにした。

 小保方氏はSTAP細胞論文を笹井氏の指導で執筆した。STAP細胞の検証実験に参加し、CDBに出勤しているが、笹井氏との接点はほとんどなかったとみられるという。

 笹井氏の自殺の報に触れて、小保方氏はショックを受けている状態で、検証実験でも接点のある職員2人が、精神的ケアをするために寄り添っているという。

http://sankei.jp.msn.com/science/news/140805/scn14080514440012-n1.htm





nice!(104)  コメント(1) 
共通テーマ:ニュース
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。